名古屋眼鏡株式会社

プレスリリース

2012/09/26/No.31
花粉防止メガネの定番商品「スカッシー®」
~売上の一部を公益財団法人 日本盲導犬協会へ寄付致しました~
日本全国で眼鏡関連商品全般を展開する名古屋眼鏡株式会社(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:小林成年)は、2012年9 月22日(土・祝)、花粉防止メガネの定番商品「スカッシー®」の発売から20周年を記念し、社会貢献のため「スカッシー®」の売上の一部を公益財団法人日本盲導犬協会へ寄 付しました。


■名古屋眼鏡株式会社が寄付を行うにあたって

1992年にユーザー様のお声から開発された花粉防止メガネ『スカッシー®』は、2012年に発売から20 周年を迎えました。
長年皆様よりご愛顧いただいていることに感謝し、対象期間中(2011年12月1日(木)~2012年5月31日(木))に販売したスカッシーシリーズ全商品の売り上げの一部を、公益財団法人日本盲導犬協会へ寄付しました。

2012年9月22日(土・祝)に名古屋市内にて行った弊社経営計画発表会式典の中で、公益財団法人日本盲導犬協会へ目録を贈呈し、公益財団法人 日本盲導犬協会より感謝状を受け取りました。

現在、全国の盲導犬の数は約1,000頭(平成20年)。その一方で盲導犬を希望している視覚に障害のある方々は全国で約7,800 人。
盲導犬を必要としている全ての方々の希望に応えるのはとても難しいのが現状です。また、盲導犬の育成には1 頭あたり数百万円の費用が必要となり、その90%以上が善意による募金でまかなわれております。

このたび、弊社では約1頭分の育成費用を寄付しました。

弊社は眼鏡関連商品を販売している企業として、商品の販売だけでなく、視覚障害の方々が快適に生活を送れるよう支援したく、今後も社会貢献活動を続けて参ります。

[※PDFデータ]