眼は外界に対してむきだしなので、有害な青色短波光(380~500mm)の影響をつねに受けています。

「サプリクリップ」は、青色短波光によるダメージを防止します。いまお使いのメガネにも装着できます。
中高年の4大眼疾患(緑内障、加齢黄斑変性、糖尿病網膜症、白内障)は、青色短波光と加齢によって 引き起こされます。

また、「サプリクリップ」は、青色短波光を吸収するサプリメン卜「ルティン」を素材に練りこみ光をブロック。
まぶしさをやわらげるとともに、明るくコンラストがはっきりするので、眼が疲れにくくなります。


 

■45歳以上の方に

45歳を過ぎると50%の人が眼の水晶体が濁ると言われています。「サプリクリップ」は白内障の原因とされる紫外線~短波長光線を遮断。また、加齢黄斑変性の原因とされる青色の光線を遮断することができます。

■糖尿病や術後の方に

糖尿病患者の約3~4割は糖尿病網膜症を発症するといわれています。「サプリクリップ」は、青色短波光をブロックし、網膜症のリスクを軽減します。また、さまざまな眼疾患の手術後のケアにも役立ちます。

■サングラス代わりに

「サプリクリップ」中高年の方だけでなく、若い方でももちろん有効です。眼の健康を妨げる紫外線~短波長光線をカットしながら、中~調波調領域を透過させるので、真夏の太陽の下でもまぶしくなく、明るさとコントラストがアップします。

いまお使いのメガネが健康サングラスに早変わり!「サプリクリップ」の装着をおすすめします

45歳以上の方は、自覚症状がなくても早めに眼疾患の予防をしておきましょう。「サプリクリップ」は、有害な青色短波光をカットし、眼疾患のリスクを軽減することができます。

 

左側の画像を見ても明らかなように、青色光はそのまま目に入ってきます。
右側の図では、サプリレンズを通してみた状態です。多くの青色光を吸収し目に入ってきていません。

 

 

左側のグラフはサプリクリップと普通のサングラスを比較したそれぞれの分光透過曲線です。

このグラフから、「サンクリップ」は眩しさを感じる波長の透過が低く、逆に明るさを感じさせる波長の透過を高めていることが分ります。
それにより、日影においても普通のサングラスよりも明るくコントラストがアップするのです。

 

 取り付け方法、注意事項
は こちら をご覧下さい。

 

 

 

 

 白内障術後の目を守る保護グラス メオガードネオ24

こどもメガネは「タンバリンキッズ」「デビュー」 目の酸化ダメージを防止「サプリクリップ」


Copyright © Nagoya Gankyo Co.,Inc 名古屋眼鏡株式会社